熱中症警戒アラート

2020年8月7日

「熱中症警戒アラート」と聞きなれない言葉が昨日発表されました。従来最高気温がかなり高くなると予想されるときに発表された「高温注意情報」を発展させたものです。今年の7月1日~10月28日の間、関東甲信越1都8県で試行され、来年度から全国で本運用が始まります。1都8県のどこかの地点で暑さ指数(WBGT)が33以上になると予想された場合に都県単位で、前日の17時頃か当日の5時頃に「アラート」が発表されます。

「熱中症警戒アラート」が発表されたら、次のような予防行動を取るよう呼びかけられます。

【熱中症のリスクが高い人に声をかける】

【外での運動や活動を中止・延期する】

【「熱中症予防行動」を普段以上に実践する】

屋外での作業中の皆様は炎天下の中大変な状況ですが 新型コロナウイルス感染症対策も含め、熱中症予防行動ポイントは適宜マスクを外し、こまめな水分補給と休息、日頃からの健康管理を行う事といわれていますので、十分注意され作業に従事お願いします。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です